超音波検査室 >> 上達したいなら自分の本を持とう!! >> 乳腺超音波検査関係の本
 まず、はじめに
 超音波の基礎
 検査の進め方
 正常例の解剖と画像
 実際の症例



超音波の達人への近道
それは自分の本を持つ事

腹部関連の本
頚部関連の本
乳腺関連の本
心臓関連の本
その他の超音波関係の本






















































超音波の達人への近道
それは自分の本を持つ事

腹部関連の本
頚部関連の本
乳腺関連の本
心臓関連の本
その他の超音波関係の本




乳腺超音波検査関係の本
     
     
乳房超音波診断ガイドライン
3,888円
発売日: 2014/05
   下記、乳房超音波診断ガイドラインの第2版。
日本乳腺甲状腺診断会議で作成した乳腺超音波検査のガイドラインの最新版。
動画像でトレーニング 乳腺エコー〔Windowsパソコン用ソフト〕
5,775円
発売日: 2012/08
   乳癌の症例を経験するために,DVDの動画像を実際の検査と同様、どの場所にいつ疾患が出てくるかわからないように作成。テキストの解説でUS所見とMMG所見,US検査時の注意点や考え方と確定した診断名を確認してください。この63症例の経験はあなたの貴重な実績につながります。練習症例3例の動画像と解説を公開中。
http://www.iryokagaku.co.jp/
乳房超音波ポケットマニュアル
2,520円
発売日: 2012/04
   ベットサイドで役立つ! 超音波(エコー)初心者 必携の入門書
実務入門書です。  初心者向けの入門書として、基礎の基礎から各部位における検査のポイントまでを一通り取り上げています。また、エコー画像とシェーマ(イラスト図)を併記し、さらにCT画像を掲載して、経験豊富な技師がどのように画像を見ているのかを、わかりやすく解説しています。
ひと目でわかる乳腺エコー
3,150円
発売日: 2011/11
   乳腺エコーは被ばくの心配や痛みがない簡便な検査法として,30〜40歳代を中心に乳がん検診に必須のものとなっている。反面,検査施行者の技量に依存しがちなため,見逃しをできるだけ少なくして高い診断価値が得られる走査手技が求められる。 本書は,乳腺・甲状腺エコーを集大成した著者の『表在エコーの実学』をもとに,基本事項と良・悪性症例のポイントを厳選。入門者のために,わかりやすさ,見やすさを心がけて構成した。
乳房超音波トレーニングブック
4,410円
発売日: 2011/10
  一切の予断を排して超音波画像に向き合い、画像を読み解き、そのメッセージを受け止める。収められているのは150人の乳房の超音波画像である。それぞれの症例に呈示されるのは、年齢と性別、そして2枚の画像のみ。一切の予断を排して静かに画像に向き合い、持てる知識と経験で培われた感性でそれを読み解き、ひとつひとつ診断の可能性を挙げ、検証する。
病理像と比べてよくわかる!乳房超音波アトラス
9,240円
発売日: 2011/06
   乳房の超音波診断の達人となるカギは病理像との比較理解にある! 近年注目を集める乳房超音波診断だが,病理像と対比して解説した書籍は多くない.難しいといわれる超音波診断の極意を,豊富な症例と写真で初心者にも分かりやすく解説する.巻末には乳房超音波の初学者にむけて,乳腺の年齢的変化,乳房超音波の用語説明を付す.
乳房超音波勘違いケース100
3,570円
発売日: 2011/06
  乳房超音波検査において,「勘違い」や「思い込み」によって乳がんと診断されたり,疾患を見落とされた100症例をとりあげた.それぞれの症例に対して「模範レポート例」を示し,勘違いの原因がどこにあったか,ポイントとなる所見はどこかをエキスパートがわかりやすく解説.「誤診」を未然に防ぎ,正しいレポートを書くための着眼点がわかる一冊!  
新 乳腺超音波診断法
5,040円
発売日: 2011/05
   本書はロングセラー『乳腺超音波診断法』(2002年刊行)の後継書で、特に乳癌の症例に関して、前書にはなかった超音波像に対応する病理組織写真を多く掲載した。読者が超音波像と病理組織との対応関係を知ることで、超音波像の描出や読影に深みが加わり、検査・診断の精度向上につながることを期待している。日常業務に磨きをかけて、1歩進んだ検査・診断を実践するために必読の1冊。
超音波乳癌検診完全ガイドブック
6,720円
発売日: 2010/07
   「乳癌の専門外の先生方にとってもこれ1冊あればなんとかなる」という本です。
いまさら聞けない乳房の画像診断―乳腺エコー&マンモグラフィー
6,300円
発売日: 2010/06
  初心者にもわかりやすい平易な記述。左頁にマンモグラフィー、右頁に乳腺エコーの見聞き構成。日常遭遇する典型的な症例を厳選。 
乳房超音波検査レポート実例集
3,150円
発売日: 2009/05
乳腺超音波検査の所見はチェックできるが、レポートのまとめ方がよく分からないという医療スタッフのための実例集。乳腺領域は疾患が多くはないが所見は多様。これをまねしてレポート作成していくうちに、疾患の特徴所見も身につく。随所にコラムを配し、乳腺超音波検査の真髄にも触れられる。
表在エコーの実学─乳腺・甲状腺・その他─
7,350円
発売日: 2008/05
乳腺エコー・マンモグラフィの豊富な症例(写真730点,図版230点余)による表在エコーの決定版
乳腺・甲状腺をはじめとする表在エコー検査の基本走査と正常像を解説。さらに疾患のチェックポイントを模式図で表し,そのエビデンスを症例呈示してカテゴリー評価を行った。また,マンモグラフィもエコー像と見開きで示し,両者の理解が得られるように構成。
乳房超音波診断ガイドライン 2版
3,360円
発売日: 2008/05
下記、乳房超音波診断ガイドラインの第2版。
日本乳腺甲状腺診断会議で作成した乳腺超音波検査のガイドラインの最新版。日本乳腺甲状腺診断会議(JABTS)が主催する検診に対する認証試験を受ける際に必要。
スタンダード乳房超音波検査法
3,990円
発売日: 2007/11
乳房超音波検査のオピニオンリーダー達が造る、スタンダードを超えたスタンダード
実践乳房超音波診断―基本操作、読影、最新テクニック
5,250円
発売日: 2007/09
実際の超音波検査における画像と術後の病理画像とを対比し、乳腺超音波画像を理論的に解説。各良性疾患、各悪性疾患ごとの超音波画像、病理画像を学ぶ事ができます。
mの字走査法で出来る!乳腺超音波手技大原則 ケアネットDVD
2,893円
発売日: 2007/9/14
乳腺病変には様々な種類が存在しますが、乳腺疾患のエコーパターンに習熟すれば、乳癌の検査精度を100%に近づけることが可能となります。杉山先生が開発した、「mの字走査法」を用いれば、乳腺のスクリーニングを体系的に行えるようになります。流れるような走査を行う中で、わずかな乳腺の異常所見も見逃さない画期的なメソッドです。また、異常像が描出された場合には「何に注目するか、プロはどう考えて手を動かすか」を詳細に解説します。症例ファイルでは、良性疾患、悪性疾患、非腫瘤性病変、乳腺症など、豊富な動画症例を紹介します。
乳房超音波診断ガイドライン
2,940円
発売日: 2004/06
他の検査にはみられないほど正確な診断能力を持ち、現在、乳癌の診断に欠くことのできない検査方法となっている乳房超音波検査。その用語、検査方法、判定方法を標準化したガイドライン。
乳房超音波Q&A
3,675円
発売日: 2006/05
乳房の検査に適した超音波診断装置とは? 形状整と不整の境目はどこ? 乳房の超音波26年のベテランが、みんなの「知りたい」に答えます。色々な決まりごとをどう解釈して、現場でどう役立てていけばよいかの実践本。
乳房アトラス
4,725円
発売日: 2004/11
コンパクトとは思えないほどのボリュームで乳房超音波検査を分かりやすく解説。10年を超える臨床経験から集めた旧版の2倍の140を超える症例を掲載。さらに充実した基礎編と徹底解説された症例編で乳房超音波検査に自信がつきます。
乳腺超音波診断アトラス
9,975円

発売日: 1997/02
本書は、スクリーニングの段階で、超音波画像に習熟してもらうために写真と図譜を多く、また大きく載せた。各疾患ごとにその典型的画像を並べ、さらに診断に必要な超音波所見を画像と模式図で平易に説明。乳腺の超音波所見に初めて接する人にも、すぐ診断できるよう構成してある。
乳腺画像診断法―X線・超音波と病理
9,240円
発売日: 2004/09
国立がんセンター中央病院の豊富な症例の中から優れた写真を選び、全ての症例にX線・超音波・病理の写真を掲載し、診断法について解説する。
乳腺超音波診断法
8,190円
発売日: 2002/07
現在一般に用いられている装置について詳しく記述、診断に関して病理組織変化と超音波画像の関係を述べ、それぞれの病変の超音波像の成り立ちについて解説。88年刊「乳腺診断アトラス」の内容を補充する姉妹書。
乳腺超音波診断学
6,930円
発売日: 1983/6/1
過去1万例に及ぶ症例等を基に、臨床に密着した乳腺疾患超音波診断の解説をまとめた一書。



その他の役に立つ乳腺関係の本
乳腺病理学―細胞・組織・画像
5040円
発売日: 2000/11
最新の国際的分類とその考え方を基本に、マンモグラフィを導入した乳癌検診実施に伴い新たに発見される乳腺疾患を中心として、その概念、病理診断のポイント、細胞・組織像、臨床画像、病理発生などを解説。〈ソフトカバー〉
臨床・病理 乳癌取扱い規約
4200円
発売日: 2004/07
乳癌の臨床的記載法に関する規約、細胞診および針生検の報告様式、乳腺腫瘍の組織学的分類、RECISTに準拠した治療効果の判定基準、組織学的治療効果の判定基準について解説。2000年刊に次ぐ15版。
画像診断ポケットガイド 乳腺Top100診断
5460円
発売日: 2005/10/6
・日々の読影を強力にアシストする革新的スタイルの画像診断リファレンス
・日常最もよく遭遇する100の疾患(病態)を収載
・各々、典型的で教育的な画像症例を提示し、基本事項/画像所見/鑑別診断/病理/臨床の順に解説
・高精細印刷による高画質の画像とカラーイラスト
・標準的な教科書にも匹敵する豊富な内容と完成度
・放射線科医必携、各領域の専門医にも極めて有用
悪性と間違えやすい乳腺の良性病変
5000円
発売日: 2004/05
悪性と間違えやすい良性病変とその疾患概念を知り、悪性か良性かの誤診を防ぐために、臨床(視触診・画像)と病理(細胞診・針生検・切開生検)の各段階ごとに解説。診断を迷った時に役立つ一冊。
非浸潤性乳管癌の基礎と臨床
5000円
発売日: 2001/07
近年、わが国の乳癌は著しく増加している。とりわけ、画像診断の進歩と検診レベルの向上により、非浸潤性乳管癌が多く発見されるようになってきた。この、非浸潤性乳管癌に関する幅広いテーマについて発表、討議を行った全 6 回のカンファレンスを 1 冊に集積。今後の診療研究に一定の方向を示すとともに、非浸潤性乳管癌にとどまらず、癌自体の発生、進展、転移のメカニズムを解明する参考資料としても有益な、すべての癌研究者必読の書である。
乳癌用語小事典―キーワードとその解説
2520円
発売日: 2003/11
乳癌の臨床に視点を置き、比較的新しい知見について項目ごとに順序立てて解説した乳癌専門用語集。原典や語源、中心となる解説論文などの文献も合わせて紹介する。98年篠原出版刊「乳癌用語メモ」の改訂版。