超音波検査室 >> 上達したいなら自分の本を持とう!! >> 頚部超音波検査関係の本
 まず、はじめに
 超音波の基礎
 検査の進め方
 正常例の解剖と画像
 実際の症例



超音波の達人への近道
それは自分の本を持つ事

腹部関連の本
頚部関連の本
乳腺関連の本
心臓関連の本
その他の超音波関係の本
























































































超音波の達人への近道
それは自分の本を持つ事

腹部関連の本
頚部関連の本
乳腺関連の本
心臓関連の本
その他の超音波関係の本




血管超音波検査関係の本
血管エコー―頸部・腹部・下肢・バスキュラーアクセス (コンパクト超音波αシリーズ)
5,184円
発売日: 2014/08
  全身の血管(頸動脈,腹部動脈,下肢動脈,下肢静脈,バスキュラーアクセス)について,『解剖』『正常像と撮り方』『計測・測定方法』『症例』を解説.豊富なイラストと画像を用いた丁寧な解説と,代表的な疾患の症例も豊富に掲載.血管エコー検査を始める人が最初に知ってもらいたい内容となっており,繰り返し読んで活用していただける本です.
エコ蔵じいさんの楽しい超音波診断Handy Text〈4〉頚動脈
4,410円
発売日: 2011/11
   噂のエコー入門書、頚動脈編。
バスキュラーアクセス超音波テキスト
9,450円
発売日: 2011/03
  本書は,VA診療にかかわる医師や臨床検査技師をはじめ,看護師,臨床工学技士などにも読んで活用していただくことを考慮して,@末梢血管エコーは行っているが,VAの知識が足りない方と,A透析やVAの知識はあるが,血管エコーそのものをあまり行っていない方のために,VAに対する超音波検査の技術的な側面と,VAと血管エコーのそれぞれの基礎知識を盛り込み,懇切にわかりやすく解説している. 
頸部超音波検査レポート実例集―所見の書き方がまねできる
3,150円
発売日: 2010/02
これを真似してレポート作成していくうちに,疾患の特徴所見がみるみる身につく。具体的な症例で頸部血管,甲状腺,上皮小体,唾液腺,頸部リンパ節における超音波検査のレポートの書き方がわかる。専門英語用語もその場で引ける便利な一冊。
『今すぐ役立つ』頸動脈エコー検査の実際
9,450円
発売日: 2009/9
頸動脈エコー検査は、全身の動脈硬化性疾患の指標として、また、治療効果の評価法などに用いられています。このDVDでは、臨床の場で遭遇する血管壁の肥厚やプラークから生じる頸動脈疾患について症例を中心に解説いたします。
臨床のための頚動脈エコー測定法5,460円
発売日: 2008/05
頚動脈エコー法の普及のために、エコー法の詳細な手技ならびに検査結果の意義をわかりやすく解説する。手技の向上に役立つ設問や、代表的な超音波機器の機種やソフトの特徴なども記載。
頸動脈エコー検査アトラス
7,350円
発売日: 2007/10
頸動脈エコー検査は,動脈硬化の程度の指標になるなどの理由から広く行われています。この検査を行ううえで大切なのは,さまざまなタイプの動脈硬化を知っておくことです。本書では,豊富な症例を収載,それを確実に捉えるためのテクニックを簡潔に解説。DVD付きなので,動画でも症例を疑似体験できます。
一般病院・診療所のための頚動脈エコー
7,350円
発売日: 2006/10
一般病院や診療所などで、被検者が治療を必要としている状況かどうか、そしてどのような治療法を選択するべきかを判断するために、何に注目して検査すればよいのか。血管エコーの基礎から頚動脈エコー症例まで、実践的に解説。
血管・血流アトラス―頚部・四肢・腹部・脳
4,410円
発売日: 2002/07
近年、超音波診断装置の進歩はめざましいものがあり、それに伴って検査法や診断法の進歩もめざましく、臨床医学の領域では不可欠の検査法となってきている。特に心臓以外でのドプラ法やカラードプラ法の普及に伴って、生体内の血流情報が容易に観察することができ、血管造影法に代わる検査法にもなりつつある。本書は血管系を中心に、初心者のための検査の基本走査や注意点をアトラス形式によって分かりやすく解説したものである。また、著者らはそれぞれの領域での豊富な臨床経験から、臨床例を含めて詳しく解説している。
血管超音波テキスト
5460円
発売日: 2005/03
最近急速に発展してきた血管超音波検査の知識・技術のエッセンスをまとめた一冊。頸部血管、腹部大動脈血管、下肢動脈・動脈血管の検査にはなくてはならない検査技術のノウハウを記載する。
血管エコーのすべて―頭部から末梢まで
6300円
発売日: 2002/06
検査の目的、手順、手技実践、所見評価の要約ポイントを、多数の症例を呈示し病理組織図とともに概説したテキスト。血管エコーについてわかりやすく解説。
頚動脈エコー法・マスターガイド
3990円
発売日: 2005/12
実際の臨床現場で即座に必要な情報が参照できるよう、図や写真を多用したガイドブック。前半では検査の基礎、原理を解説。後半では、各種診断画像を頸動脈エコー検査画像と対比し、これに臨床症状との関連等の解説を付した。
臨床のための頚動脈エコー測定法
4935円
発売日: 2004/12
頚動脈エコー法のさらなる普及のために、その詳細な手技ならびに検査結果の意義をわかりやすく解説する。巻末には手技の向上に役立つ設問や、代表的な超音波機器の機種やソフトの特徴等も記載。
頚動脈エコー―測定法とその意義
4725円
発売日: 2004/01
頚動脈は、心臓から駆出された血液を脳に送り届けるための最も重要な血管系で、脳の存続そのものに影響し、今日ではエコー検査が最も信頼の高い検査法になっている。頚動脈エコー検査法の基本編と応用編を詳解。
手にとるようにわかる健診のための頚動脈エコー検査―検査手技とエビデンス
5040円
発売日: 2004/12
頚動脈エコー検査の入門書。特に健診機関で頚動脈エコーを実施する検査技師や関連職種の人のためにまとめる。一定の手技で、一定の精度を保ちつつ頚動脈エコーを実施できるような運用方法を示す。
手にとるようにわかる頚動脈エコーマニュアル―撮り方から計測まで
7140円
発売日: 2003/05
初心者でも理解できる頚動脈超音波検査のガイドブック。神経超音波学会の頚動脈エコーによる動脈硬化性病変評価のガイドライン(案)に基づき最近の見解も含め作成、実際の症例写真と報告書も数多く掲載。
血管・血流超音波医学
8400円
発売日: 2002/05
血管の血流の動態についての基礎と応用を掲載。血管の解剖と血流調節機構、血管内血液の性状、動脈内血液の特性、超音波による定量的血流計測法等の総論をはじめ各論で詳しく解説。学生、研修医、超音波専門医にも役立つ1冊。