超音波検査室 >> 検査の進め方 >> 超音波特有のサインと用語 >> Bull's eye sign
 まず、はじめに
 超音波検査の基礎
 検査の進め方
    被験者への配慮
    疾患を見つけたとき
    腫瘤性病変を
          見つけたとき
    超音波特有の
          サインと用語
      Bull's eye sign 
    検査報告書の作成   
 正常例の画像
 実際の症例









 円形で、辺縁に均等な厚みのある辺縁低エコー帯(halo)があり

中心部が辺縁低エコー帯(halo)より高エコーでドーナツ状に観察される腫瘤の事をいう。



これは超音波上、牛(Bull)の眼にも似ている事から、Bull's eye sign と呼ばれる。



肝内の腫瘤性病変では、いくつかの腫瘤に辺縁低エコー帯が観察されますが、

Bull's eye sign は比較的厚い辺縁低エコー帯(halo)が観察される腫瘤に対して用いられるもので

これは転移性肝癌によくみられる。



また、転移性肝癌では同じような超音波所見を示す腫瘤が複数観察される事も多い為

この Bull's eye sign を示す腫瘤が2つ以上観察されるようであれば、ほぼ転移性肝癌で間違いない。





代表例




      


 この画像は 大腸がんからの転移性肝腫瘍 症例1 で紹介している転移性肝癌の画像です。


この症例では、多数の腫瘤性病変が描出されていますが、いずれも同様の所見で観察されています。

腫瘤周囲には同心円状に近い形で、辺縁低エコー帯が観察されその内部には

辺縁低エコー帯よりも高エコーで腫瘤が観察されています。

これがブルズアイサインです。

     ← ここをクリックすると ブルズアイサイン を示している場所を画像で表示します。
          (左画像だけ表示されます)
          もう一度クリックすると消えます。
          点線部分が ブルズアイサイン です。






代表例






 この画像は 乳腺からの転移性肝癌の画像です。


 肝は非常に不均一に観察されていますが、その中に一つだけ明瞭な腫瘤性病変が観察されます。

 先ほど紹介した症例よりも、腫瘤周囲の辺縁エコー帯が厚く観察されているのがわかると思います。


 ここまで厚い、腫瘤周囲の辺縁エコー帯が観察されれば、転移性肝癌を疑うのは容易です。


      ← ここをクリックすると ブルズアイサイン を示している場所を画像で表示します。
           もう一度クリックすると消えます。
           点線部分が ブルズアイサイン です。