超音波検査室 >> 正常例の解剖と画像 >> 胆管系
 まず、はじめに
 超音波検査の基礎
 検査の進め方
 正常例の画像
    肝臓
    門脈
    胆嚢
    胆管系
    膵臓
    腎臓・副腎
    回盲部
    乳腺
    乳腺所属リンパ節
    甲状腺
 実際の症例


超音波の達人への近道
それは自分の本を持つ事


腹部関連の本
頚部関連の本
乳腺関連の本
心臓関連の本





  


  胆管は肝細胞から分泌された胆汁が十二指腸に流出するまでの通路で、
  この胆嚢と胆管を合わせて胆道と呼ぶ。



  胆汁は最終的に総胆管を経由して十二指腸に流入する。
  十二指腸流入部にはオッデイ(Oddi)の括約筋があり、膵液と胆汁の分泌を調節している。



  超音波上では、総胆管は肝外で左右の肝管に分かれた後に肝内に入り
  左右肝管から分枝する2次分枝まで観察可能である。



  超音波検査上で観察可能な肝内での胆管は門脈に並走し、結石や胆嚢炎などの疾患によって
  胆管に拡張が認められなければ1〜3mm程の非常に細い管腔構造物として描出される。



  肝内胆管は合流を繰り返し、左右の肝管になる(肝管合流部から肝側の1次分枝)。
  左右肝管は肝門部で合流し、総肝管となる。





     




  総肝管はさらに胆嚢に連続する胆嚢管と合流(三管合流部)して総胆管となるが、
  超音波検査場で、曲がりくねった胆嚢管を同定することは困難である為
  明確な境界を超音波検査で描出することはできない。



  左右肝管から総肝管、総胆管は、総称して肝外胆管とも呼ばれ、門脈本幹の上部右側を走行する。



  胆道癌取り扱い規約では、左右の肝管合流部から膵上縁までを2等分して、上部胆管、中部胆管とし、
  それ以下を下部胆管(膵内胆管)と区別している。



  各胆管での長さと内径を以下にまとめる。

長さ 内径
肝内胆管 各部位により異なる 1〜3mm
左右肝管 2〜3cm 5〜6mm
総肝管 2〜3cm 5〜6mm
総胆管 10cm 前後 6〜8mm









     参考

        大動脈               ・・・・・  AO aorta
        門脈本幹             ・・・・・  PV portal vein
        肝臓                 ・・・・・  liver
        胆嚢                ・・・・・  gall bladder
        横行結腸              ・・・・・  transverse colon
        上行結腸              ・・・・・  ascending colon
        十二指腸             ・・・・・  duodenum
        膵臓                 ・・・・・  pancreas
        肝動脈               ・・・・・  common hepatic a.
        右肝管               ・・・・・  right hepatic duct
        左肝管               ・・・・・  left hepatic duct
        総肝管               ・・・・・  common hepatic duct
        胆嚢管               ・・・・・  cystic duct
        総胆管               ・・・・・  common bile duct
        主膵管               ・・・・・  Wirsung管
        副膵管               ・・・・・  Santorini管
        小十二指腸乳頭         ・・・・・  Lesser管
        大十二指腸乳頭         ・・・・・  Vater乳頭




  超音波上で上部胆管は、左右肝管から分枝する2次分枝まで観察可能であるが
 下部胆管は条件が良い場合に限り、膵内胆管まで観察可能である。



 消化管の走行状態などの理由により、膵内胆管は観察されないことも多いので
 観察可能な範囲で拡張などの異常所見が認められないか観察を行う。



 もちろん、中部胆管や上部胆管で拡張が認められ、拡張の原因が分からない時は条件が悪くても
 下部胆管の描出に努めるべきである。



 上部胆管〜中部胆管の長軸像  中部胆管〜膵内胆管の長軸像




 中部胆管の短軸像  左右肝内胆管像