超音波検査室 >> 正常例の画像
 まず、はじめに
 超音波検査の基礎
 検査の進め方
 正常例の画像
    肝臓
    門脈
    胆嚢
    胆管系
    膵臓
    腎臓・副腎
    回盲部
    乳腺
    乳腺所属リンパ節
 実際の症例


超音波の達人への近道
それは自分の本を持つ事


腹部関連の本
頚部関連の本
乳腺関連の本
心臓関連の本

  


   超音波検査における「正常例の画像」、すなわち、どのように描出されてそこに何が写っているのかという
   正常解剖の知識と言えると思います。


   超音波検査は「軟部組織の解像度が良い」という特徴があり、他のモダリティーでは描出困難な
   小さなモノや薄いモノも描出できるという特徴があります。
   
   また、最近の超音波検査装置の進歩によって、さらに画像の解像度が良くなり
   今まで、描出困難だったものが比較的容易に描出できるようにもなってきています。


   つまり、最近の超音波検査の画像には、非常に多くの情報を写し出す事ができるし、
   超音波検査では他のモダリティーでは描出困難な細かい部位での異常も描出する事ができるのです。


   しかしその分、検者の知識として
   正常例の画像、正常解剖に対する知識も、非常に細かい部分まで求められます。

   しかも、超音波検査では正確な横断像や縦断像では表現する事は少なく、色々な角度で観察するため
   正常解剖を頭の中で三次元的に把握しておく事が大切になります。
   

   そこで、このページでは超音波検査でよく検査対象となる臓器に対して、
   どのように描出され、そこに何が写っているのか,という正常例の画像と解剖知識
   を紹介していこうと思います。