超音波検査室 >> 実際の症例 >> 上腹部領域 >> 肝臓
 まず、はじめに
 超音波検査の基礎
 検査の進め方
 正常例の画像
 実際の症例
   上腹部領域
       肝臓
       胆嚢
       膵臓
       腎臓
       脾臓
       その他
   下腹部領域
   乳腺領域
   頚部領域
   四肢領域











   肝臓は腫大し、肝実質のエコーレベルは低下する。


   脈管壁の反射が強調される事により、肝内脈管の末梢枝が多数描出される。


   病状が進むと胆嚢壁が肥厚し、胆嚢内腔が狭小化する。


   更に病状が進み、劇症肝炎になると肝臓は急速に萎縮し、壊死部に一致した肝実質の
       エコーレベルの上昇が認められ、肝内エコーは不均一化(肝内地図状エコー)する。




 急性肝炎


  急性肝炎は、肝炎ウイルス、薬剤性、アルコール性などによって引き起こされる急性の炎症で
  肝臓の細胞壊死を伴い、急性的に肝機能は低下する。



  急性肝炎では肝細胞の浮腫により、一般に肝は腫大し、肝実質のエコーレベルは低下する。
  その時、相対的に門脈周囲の肝実質エコーレベルが高く観察される事があり
  centri-lobular pattern もしくは starry-sky sign と呼ばれている。



  炎症の波及が進むと肝門部リンパ節が腫大して観察される事がある。



  また、肝細胞の浮腫により、肝実質とグリッソン鞘との音響インピーダンスの差が大きくなるため
  脈管壁の反射が強調され、肝内脈管の末梢枝が多数描出され
  急性肝炎の超音波画像としては特徴的である。



  脾腫が認められることがあるが、脾腫は回復期に腫大することが多い。



  「一時的な門脈圧亢進説」、「肝炎の胆嚢への波及による急性胆嚢炎説」、「胆嚢リンパ流のうっ滞説」
  などがあり、はっきりとした結論は出ていないが、胆嚢壁の肥厚が認められる。



  肝炎に伴う肝機能の低下により、胆汁産生能力が低下し、胆嚢内腔の狭小化が認められる。





 劇症肝炎


  ウイルス性肝炎の病状が進行すると引き起こされる疾患で、肝臓の急激な壊死に基づいて起こる
  肝不全状態で、急性黄色性肝萎縮症とも呼ばれる。



  急性肝炎では肝細胞のほとんどが急速に壊死を起こし、肝臓が腫大するが
  さらに症状が進行すると、肝細胞は速いスピードで死滅し肝細胞の再生が間に合わず、肝臓は萎縮する。



  症状の進行する速さは非常に速く、肝細胞の壊死、肝臓の萎縮、急速な黄疸の出現が起こり
  肝性昏睡や肝性脳症が発現する可能性が高くなる。



  肝の圧痛、発熱、粘膜や皮下出血を伴う事もあり、予後は非常に悪い。



  超音波画像としては、劇症肝炎発症直後では基本的に急性肝炎と同じであるが、
  2〜5日ほどでの病状の急速な進行に伴って、急速に進行する肝の萎縮、肝臓内地図状エコー、腹水の出現
  を観察できるようになる。






    急性肝炎の典型例

    肝腫大は認められなかった急性肝炎