超音波検査室 >> 実際の症例 >> 上腹部領域 >> 肝臓
 まず、はじめに
 超音波検査の基礎
 検査の進め方
 正常例の画像
 実際の症例
   上腹部領域
       肝臓
       胆嚢
       膵臓
       腎臓
       脾臓
       その他
   下腹部領域
   乳腺領域
   頚部領域
   四肢領域





  


 71歳 男性


 脳出血の既往があり介護施設に入っていた方で、介護施設のスタッフが黄疸に気付き当院を紹介受診となりました。
 来院してすぐに行われた血液検査では、ビリルビンが異常に高く閉塞性黄疸を疑い
 腹部超音波検査を施行することになりました。。




肝臓を観察すると、すぐに気が付くような肝内胆管の拡張を認めます。
左葉、右葉ともに肝内胆管の拡張を認め、やはり閉塞性黄疸がありそうだ、ということはすぐにわかったので
次いで閉塞性黄疸の閉塞起点を探すために肝門部付近を観察しました。



 肝門部を中心として非常に不均一な領域が観察されています。
 肝右葉、肝左葉では肝内胆管の拡張は認めたものの、肝実質は均一に観察されていましたが、
 肝S4〜S5の領域だけが非常に不均一に観察されます。


 状態から考えて肝門部に存在する胆管細胞癌を最も疑いましたが、どう撮影しても腫瘤性病変としては描出できず
 不均一な領域はドプラで明らかな血流信号を認めず、リンパ節の腫大も認めなかったので
 レポートは、明らかな転移を認めない胆管細胞癌疑いとしました。


 この後、この患者様は胆管細胞癌疑いにて腫瘤摘出術を受けることになりましたが
 術中に腹腔内に複数のリンパ節転移を認めたために、肝門部の病変の摘出はされませんでした。
 開腹時に採取した病変部分の病理検査で胆管細胞癌と診断されました。