超音波検査室 >> 実際の症例 >> 上腹部領域 >> 肝臓
 まず、はじめに
 超音波検査の基礎
 検査の進め方
 正常例の画像
 実際の症例
   上腹部領域
       肝臓
       胆嚢
       膵臓
       腎臓
       脾臓
       その他
   下腹部領域
   乳腺領域
   頚部領域
   四肢領域





  


 65歳 女性


  他院で胆道系酵素異常、肝機能異常を指摘され、超音波検査やCT検査で胆管細胞癌を疑われ
 手術目的で当院を受診された患者様です。
 胆管細胞癌が疑われていたため、当院での超音波検査の前にCTの検査が行われていました。





 CT画像を見ると、肝左葉を中心とした不均一な領域を認めています。
 病変部は正常な肝実質と比較して濃染が悪く、乏血性の濃染を示す腫瘤性病変で
 胆管細胞癌の特徴として矛盾しません。




 超音波画像も同様に、肝左葉を中心とした不均一な病変を認めています。
 境界は不明瞭、内部は不均一な病変で、病変に被膜は認めず、病変部から末梢側の肝内胆管は
 軽度の拡張を示しています。肝外胆管や胆嚢には明らかな異常は認めず、肝左葉を中心とした胆管細胞癌として
 矛盾の無い所見だと思います。


 この患者様はこの後、肝左葉摘出術を受け、胆管細胞癌の確定診断がつきました。
 といっても2年前の話で、現在もその後の Follow up で通院されています。
 今のところ、新規病変や転移は認めていません。