超音波検査室 >> 実際の症例 >> 上腹部領域 >> 肝臓
 まず、はじめに
 超音波検査の基礎
 検査の進め方
 正常例の画像
 実際の症例
   上腹部領域
       肝臓
       胆嚢
       膵臓
       腎臓
       脾臓
       その他
   下腹部領域
   乳腺領域
   頚部領域
   四肢領域












   明らかな肝実質エコーの上昇が認められる。


   右腎と肝とのエコーレベルを比較したとき、明らかなレベルの差
        (右腎が黒くて、肝が白い、すなわち肝腎コントラスト)として描出される。


   肝に沈着した脂肪によるエコーの散乱が起こり、深部でのエコー減衰が起こる。
           画面の下(肝深部)が画面の上(肝浅部)に比べて黒く不明瞭に描出される。

        エコー散乱の結果、肝静脈などの脈管は深部で低エコーを示し不明瞭に描出される。


   脂肪肝はそのタイプにより、肝全体に均一に沈着するものから一部分にしか沈着しないもの
    まだらに沈着するもの、一部だけ脂肪沈着がないもの、などに分けられる。





  病理上、肝実質に30%以上の脂肪が沈着したものを「脂肪肝」とよぶ。
  
  その程度によってエコーでは脂肪肝かどうか判断する事が難しい状況があるが

  上記の特徴のうち、3番目までの特徴を全て満たしたものを超音波上では脂肪肝と呼ぶ。



  エコーでは非常に感度が良い為、10%程の脂肪沈着でも、肝実質エコーレベルの上昇として

  認められる場合がある。

  脂肪肝以外でも慢性肝炎や糖原病等の疾患で管実質のエコーレベルの上昇が

  認められる場合がある為、その鑑別をして混同しないようにする。





  上記の2つしか特徴を満たしていない時は、私は bright liver とするようにしているが

  軽度の脂肪肝としている人も多いようです。

  厳密にするのであれば、上記の3つが揃って初めて超音波上で脂肪肝と呼べるらしいです。




  脂肪肝は完全域に均一に観察されるのが一般的であるが、タイプによって様々な脂肪沈着の形がある。

 irregular fatty change
       脂肪が肝全体に均一に分布するのではなく、不均一にまだらに観察される。
       この場合の脂肪肝を 多発限局性脂肪肝 もしくは まだら脂肪肝 mottled fatty liver という。


 focal fatty change
       肝内の一部分に限局して脂肪変性が観察される。
       この一部分の高エコーに観察される領域を focal fatty area という。


 local no fatty change
       ほぼ肝全域に脂肪沈着が認められるが、一部分だけ脂肪沈着が無く低エコー領域として観察される。
       この一部分の低エコーに観察される脂肪沈着の無い領域を nomal spared area という。

        nomal spared area は肝内で血流が豊富で wash out される為、脂肪の沈着しづらい部位に起こる。
       肝S4と胆嚢周囲の肝で観察される事が多い。






    中程度の脂肪肝

    症例1よりも脂肪沈着の激しい脂肪肝

    限局性脂肪肝  focal fatty area

    多発限局性脂肪肝、まだら脂肪肝、mottled fatty liver

    S5 の限局性脂肪肝

    血管腫との鑑別に苦労した normal spared area

    S2に local no fatty change を伴う脂肪肝