超音波検査室 >> 実際の症例 >> 上腹部領域 >> 肝臓
 まず、はじめに
 超音波検査の基礎
 検査の進め方
 正常例の画像
 実際の症例
   上腹部領域
       肝臓
       胆嚢
       膵臓
       腎臓
       脾臓
       その他
   下腹部領域
   乳腺領域
   頚部領域
   四肢領域





  


 76歳 女性



  胆嚢結石による胆嚢摘出術後の Follow up 目的で腹部超音波検査を行われた患者様です。






 一見してわかるように高エコー領域が肝全体に観察されています。



 高エコーで描出されている部分は、肝内胆管に沿った位置に連続して線状に観察されており
 胆道気腫と判断するのは難しくありません。



 胆道気腫の後方エコーを観察すると、音響陰影のように黒い陰影をひく部分もありますが
 comet sighn のように観察されている部分もあります。
 結石等に見られる音響陰影ではなく、多重反射に伴う後方エコーである事がわかります。