超音波検査室 >> 実際の症例 >> 上腹部領域 >> 胆嚢
 まず、はじめに
 超音波検査の基礎
 検査の進め方
 正常例の画像
 実際の症例
   上腹部領域
       肝臓
       胆嚢
       膵臓
       腎臓
       脾臓
       その他
   下腹部領域
   乳腺領域
   頚部領域
   四肢領域












   胆嚢は内圧が高まることによって、腫大、緊満しているように観察される事が多い。


   その発生原因は、ほとんどが胆嚢結石のカン頓によるものであり、
          可動性を認めない結石が胆嚢頚部や胆嚢管に観察される事がある。
     
( 漢字コードで表現できない可能性があるので カン頓としています。


   胆嚢壁は肥厚して観察される事が多いが、超急性期では軽度の肥厚しか認めない場合もある。


   胆嚢内腔に胆泥や debris(デブリ)が観察される事が多い。



   炎症が高度に進行した例では、胆嚢周囲の液体貯留や膿瘍形成を認める事もある。 





  急性胆嚢炎の発生原因のほとんどが、胆嚢管や胆嚢頚部にカン頓した胆嚢結石により引き起こされる
 胆汁の通過障害で、しばしば胆嚢のうっ血や浮腫、感染が加わっている。


 胆嚢結石のカン頓による急性胆嚢炎以外の急性胆嚢炎は、急性無石胆嚢炎と呼ばれる。


 急性無石胆嚢炎の原因としては、
  ① 長期絶食後の胆汁の濃縮による胆嚢頚部や胆嚢管の閉塞による胆汁うっ滞
  ② 糖尿病
  ③ 動脈硬化
  ④ 膠原病
  ⑤ 肝動脈塞栓術や胃癌根治手術による胆嚢の循環障害
 
 等があげられ、更に特殊なものとして、急性気腫性胆嚢炎(ガス産生菌の感染などにより引き起こされる)が
 あげられる。



 急性胆嚢炎は病理組織所見から次の3種類に分類される。

  ① 漿液性胆嚢炎・・・ 炎症が粘膜固有層に限局し、浮腫、血管の拡張などをきたすもの

  ② 化膿性胆嚢炎・・・ 漿液性胆嚢炎に加えて、粘膜脱落や潰瘍形成を伴うもの

  ③ 壊疽性胆嚢炎・・・ 漿液性胆嚢炎、化膿性胆嚢炎に加えて、筋層、漿膜下層まで炎症が及んだもの



 胆嚢結石のカン頓による急性胆嚢炎では、漿液性胆嚢炎、化膿性胆嚢炎が起こりえるが
 壊疽性胆嚢炎は起こらない。


 壊疽性胆嚢炎は、肝動脈塞栓術や胃癌根治手術などにより、胆嚢の循環障害が起こり発症する。




 急性胆嚢炎の臨床症状は、右上腹部痛、発熱が一般的で黄疸を伴う事もあり、
 右上腹部痛は持続性で、食事により増強する。


 右季肋部の触診で、吸気時に痛みの為に呼吸が止まる現象をみることがあり、
 これを Murphy(マーフィー)徴候と呼ぶ。


 検査所見としては、白血球の増多、赤沈亢進、CRP上昇が認められる。
 時にAST、ALT、T-bilの上昇が見られ、この場合は胆管炎も併発している場合がある。





 急性胆嚢炎の超音波所見としては、
  ① 胆嚢自体の胆汁うっ滞による、腫大、緊満
  ② 胆嚢壁の肥厚、それに伴う sonolucent layer の観察
  ③ 胆嚢内腔の胆泥貯留、debris (デブリ)の観察
  ④ 進行例では、胆嚢周囲に液体貯留や膿瘍形成


  などがあげられる。
  (この場合の debris(デブリ)とは胆泥とは違い、胆嚢内腔に浮遊するものを言う)

  また、超音波検査で胆嚢描出時に、プローブにより圧迫を加えると圧痛を訴える場合があり
  Murphy(マーフィー)徴候から名前をとり、sonographic Murphy's sign と呼ばれる。





 急性胆嚢炎での超音波検査で注意しなければならないのは、初期の胆嚢炎では上に記したような超音波所見が
 得られない事があるということである。
 ( 例えば、軽度の胆嚢壁の肥厚と、胆石と胆泥貯留だけの場合でも、急性胆嚢炎は否定しきれない )


 臨床上で急性胆嚢炎が疑われている場合等では、胆嚢炎の状態を径時的に把握する事が重要になってくる。

 




    胆嚢頚部に結石のカン頓を認めた急性胆嚢炎

    胆嚢緊満が著明に観察された急性胆嚢炎

    胆嚢壁穿孔が疑われた急性胆嚢炎