超音波検査室 >> 実際の症例 >> 上腹部領域 >> 胆嚢
 まず、はじめに
 超音波検査の基礎
 検査の進め方
 正常例の画像
 実際の症例
   上腹部領域
       肝臓
       胆嚢
       膵臓
       腎臓
       脾臓
       その他
   下腹部領域
   乳腺領域
   頚部領域
   四肢領域





  


  62歳 男性



 プローブをあてると胆嚢の異常が目立ち、容易に多発性の comet like echo とわかる症例です。



 左の画像は胆嚢の短軸像です。
 胆嚢内腔には大きくて音響陰影を伴い、体位変換と同時に位置移動する胆嚢結石が一つ認められます。
 胆嚢壁は著明に肥厚して観察され、肥厚した胆嚢壁からは多数の comet like echo が認められます。
 また、肥厚した胆嚢壁をよく観察すると、層構造として観察されRASと思われる低エコーが
 認められます。



 右の画像は胆嚢長軸像です。
 胆嚢長軸像でも同様に、大きな胆石と多数の comet like echo が胆嚢壁に観察されます。
 肥厚した胆嚢壁で不整な部分は観察されませんでしたが、comet like echo が多すぎて
 全体の正確な胆嚢壁の評価は不可能です。
 しかし、胆嚢壁のエコーレベルの低下も認められないので、胆嚢癌の併発は否定的であると考えました。



 また、長軸で観察すると、胆嚢頚部には胆嚢壁の肥厚や comet like echo は観察されません。
 以上の所見から、胆石を併発した分節型 segmental type の胆嚢腺筋腫症であると報告しました。