超音波検査室 >> 実際の症例 >> 上腹部領域 >> 胆嚢
 まず、はじめに
 超音波検査の基礎
 検査の進め方
 正常例の画像
 実際の症例
   上腹部領域
       肝臓
       胆嚢
       膵臓
       腎臓
       脾臓
       その他
   下腹部領域
   乳腺領域
   頚部領域
   四肢領域





  


  48歳 女性



  以前より他院で糖尿病を指摘されていたそうです。

軽度の肝機能異常を認め、腹部超音波検査をしたところ胆石が認められた為

当院に紹介され、もう一度腹部超音波検査を行うことになった方です。






胆嚢内に10mmを超える結石と思われる陰影が認められています。


結石は1つだけで、比較的大きな結石で、結石上部では高エコーで描出され、結石下部にいくに従って
徐々にエコーレベルは低くなり、結石の後方では音響陰影となって観察されています。
コレステロール結石の特徴的な超音波所見です。


Bモードの結石の画像を見ただけでも、明らかな結石とわかる超音波画像ですが、
体位を左側臥位にすることで、結石が胆嚢頚部から胆嚢尾部に移動するのが確認されました。


結石の中には音響陰影を伴わず、胆嚢ポリープと鑑別が難しいものがあります。
また、頚部に結石が存在している場合、胆嚢頚部に「かんとん」している場合があります。


いずれの場合でも、体位変換をしてこの症例のように胆嚢結石の位置の移動が認められれば
胆嚢ポリープを否定することや、結石の「かんとん」を否定することができます。