超音波検査室 >> 実際の症例 >> 上腹部領域 >> 胆嚢
 まず、はじめに
 超音波検査の基礎
 検査の進め方
 正常例の画像
 実際の症例
   上腹部領域
       肝臓
       胆嚢
       膵臓
       腎臓
       脾臓
       その他
   下腹部領域
   乳腺領域
   頚部領域
   四肢領域





  


  48歳 男性


 もともと、B型慢性肝炎で follow up されている患者様です。
 超音波検査の依頼目的は「慢性肝炎、肝内腫瘤精査」でした。
 肝実質は粗雑に観察され、肝辺縁の鈍化や凹凸、脾腫も認められ、慢性肝炎の所見と考えましたが
 肝内に腫瘤性病変は認められませんでした。
 


 肝臓を捜査している段階から胆石があるな〜、と気が付いてはいました。
 肝臓の走査を終え、胆嚢を詳しく観察していると次のような超音波画像が得られました。
 



 胆嚢の内腔を埋め尽くす勢いで、多発して胆嚢結石が認められています。
 それぞれの胆嚢結石から後方エコーの減衰が観察され、胆嚢結石より深部にある胆嚢壁の評価は困難です。


 しかし、観察可能範囲の胆嚢の大きさを測ってみると、約65×30mmと軽度の萎縮と考えられる大きさで
 胆嚢壁は肥厚が認められています。


 この患者様は、慢性肝炎で以前より加療されているので、胆嚢壁の肥厚は慢性肝炎から肝硬変に移行した為に
 観察されている可能性もありましたが、胆嚢内腔の状況から考えても胆石に伴う変化の方が考えやすいと思います。


 肝内胆管、肝外胆管、膵管では明らかな異常所見認められず、
 慢性胆嚢炎であると考えられました。