超音波検査室 >> 実際の症例 >> 上腹部領域 >> 胆嚢
 まず、はじめに
 超音波検査の基礎
 検査の進め方
 正常例の画像
 実際の症例
   上腹部領域
       肝臓
       胆嚢
       膵臓
       腎臓
       脾臓
       その他
   下腹部領域
   乳腺領域
   頚部領域
   四肢領域





  


  46歳 男性
            隔壁胆嚢
   胆石  胆泥  ↓
   ↓    ↓












  倦怠感、軽度の腹痛で超音波検査を受けられた患者様の胆嚢像です。
  この患者様は40代の男性ですが、今まで腹部の超音波検査は受けた事がなく
  今まで何の異常も指摘された事がないそうです。



  胆嚢頚部に胆石が認められ、それに伴う胆泥、胆嚢頚部と体部の壁肥厚が認められます。
  胆嚢底部では壁肥厚は認められず、多発性の隔壁が認められ、その内腔は全て無エコーで観察されます。



  倦怠感、軽度の腹痛は恐らく胆石によるものと考えられ、底部の部分的な多発隔壁胆嚢と考えられます。
  今まで先天的に多発隔壁胆嚢があったと思われますが、機能的に問題も無く、症状もないので
  発見されなかったと考えられます。