超音波検査室 >> 実際の症例 >> 上腹部領域 >> 腎臓
 まず、はじめに
 超音波検査の基礎
 検査の進め方
 正常例の画像
 実際の症例
   上腹部領域
       肝臓
       胆嚢
       膵臓
       腎臓
       脾臓
       その他
   下腹部領域
   乳腺領域
   頚部領域
   四肢領域












   腎盂が分離されて描出される。


   腎皮質は分離点を持つがエコーレベルや血管走行に異常は認められない。


   病態として分離された腎盂からそれぞれの尿管が存在し、膀胱まで2本の尿管が走行する完全型と
                 尿管が途中で合流し1本の尿管として膀胱に入る不完全形に分かれる。






  重複腎盂尿管は先天異常よる腎奇形であるが、機能的に異常が無い場合が多い。



  典型例では、まるで2つの腎臓をとってつけたように観察される。
  高エコーで描出される腎盂が腎皮質により2つに分離されて描出され、分離された腎盂はつながる事はない。



  尿管が膀胱まで2本のまま走行する完全型と、途中で合流し1本の尿管が膀胱に流入する不完全型があるが
  重複腎盂尿管では腎は通常通りの機能を果たす為、それ以外の異常が無ければ、
  尿管の拡張を認める事は少なく、尿管走行まで確認できるケースは少ない。



  重複腎盂尿管で異常を認める場合、上部の腎盂や尿管に異常を伴うケースが多い。