超音波検査室 >> 実際の症例 >> 上腹部領域 >> 腎臓
 まず、はじめに
 超音波検査の基礎
 検査の進め方
 正常例の画像
 実際の症例
   上腹部領域
       肝臓
       胆嚢
       膵臓
       腎臓
       脾臓
       その他
   下腹部領域
   乳腺領域
   頚部領域
   四肢領域





  


 56歳 女性




 この患者様は数日前からの背部痛を訴えて、超音波検査を受けられた方です。
 3週間ほど前から左側の背部痛が出現していたが、鈍痛が間欠的に起こる程度だったので
 少しの間、我慢していたようです。


 左腎臓を観察すると明らかな腎盂、腎杯、尿管の拡張が観察されました。
 対して右腎には腎盂、腎杯の拡張は認められませんでした。
 拡張した尿管は1cmを超え、腎から拡張した尿管の連続を同定しながら膀胱側に観察部位を進めると
 尿管が追えなくなる部位を認め、その尿管内に音響陰影を伴う高エコーが観察されました。
 近くに腸骨動脈が走行しており、尿管の生理的狭窄部位の腸骨動脈交差部での尿管結石と考えられました。

 膀胱側には異常は認められず、尿管の腸骨動脈交差部での尿管結石による水腎症併発と考えました。