超音波検査室 >> 実際の症例 >> 下腹部領域 >> その他
 まず、はじめに
 超音波検査の基礎
 検査の進め方
 正常例の画像
 実際の症例
   上腹部領域
   下腹部領域
       腸管
       膀胱
       前立腺精嚢腺
       子宮卵巣
       その他
   乳腺領域
   頚部領域
   四肢領域





  

 0歳 4ヶ月 女性

                


  主治医に指摘され鼠径部の膨隆に気付き超音波検査を受けられた患者様です。



  プローブをあててみると、両側に腹膜鞘状突起が認められ、両側共に実質エコーが認められ
  両側性の鼠径ヘルニアと考えられました。



  左右それぞれ観察しましたが、両側共に同じような所見を示します。
  腹膜より突出した腹膜鞘状突起内に実質エコーが認められ、卵胞と思われる嚢胞様エコーが認められ
  腹圧によってやや移動するのが確認できます。



  卵巣滑脱ヘルニアとしては典型的な像で観察されますが、両側性であるという点では
  非常に稀な症例と考えられます。