超音波検査室 >> 実際の症例 >> 乳腺領域 >> 乳腺
 まず、はじめに
 超音波検査の基礎
 検査の進め方
 正常例の画像
 実際の症例
   上腹部領域
   下腹部領域
   乳腺領域
       乳腺
       その他
   頚部領域
   四肢領域





  

 38歳 女性


  「右腋窩部に腫瘤触知、精査」と依頼表に書かれていました。
  患者様に触知される部分を教えてもらい、了承をとって触らせてもらうと
  皮膚直下に非常に小さい腫瘤を触れる事ができました。


  そのまま、そこにプローブをあてると以下の画像が得られました。



  腫瘤の大きさは約6×5×3mmで、皮膚直下に存在しています。
  境界は明瞭で、内部は低エコー、後方エコーは不変、もしくはやや増強しています。



  私はこの時点で粉瘤を疑いました。



  次にドップラーをあてて見ました。






  ドップラーの感度を、ノイズが出る直前くらいに
  調整し、腫瘤を観察してみました。




  腫瘤には血流信号は認められません。








  腫瘤は皮膚直下に存在し、皮膚に食い込むように観察される事、

  境界明瞭で内部は低エコー、後方エコーは不変、もしくはやや増強する事、

  腫瘤に血流信号が認められない事、



  から、「粉瘤」であることが疑われました。



  粉瘤はどこに発症してもいいのですが、この症例では腫瘤のある部分はC’領域で
  乳房というよりも腋窩部分で、周囲に乳腺組織が無い事も「粉瘤」の鑑別診断に役立ちました。