超音波検査室 >> 実際の症例 >> 乳腺領域 >> 乳腺
 まず、はじめに
 超音波検査の基礎
 検査の進め方
 正常例の画像
 実際の症例
   上腹部領域
   下腹部領域
   乳腺領域
       乳腺
       その他
   頚部領域
   四肢領域












   男性乳腺は乳輪直下に少量存在するだけなので、もし腫瘍が存在すれば描出は容易である。


   男性乳癌の超音波像は、女性に発生する乳癌と肉眼的所見で変わりはない。





  男性の乳腺の疾患は、女性化乳房症か乳癌と考えられる。
  男性乳腺は乳輪直下に少量存在するだけで、女性化乳房症を併発したとしても、その範囲は非常に狭く
  もし、腫瘤が存在すればその描出は容易である。



  男性乳癌の超音波所見は女性のものと同じ基準で鑑別できるが、男性乳腺には小葉が存在しない為
  男性乳癌に小葉癌は存在しない。



  男性乳腺は、その構造が女性に比べて薄い為浸潤癌が発生してしまうと、
  その構造上他の組織に浸潤しやすく、予後は悪い。



  実際は男性乳癌の割合は非常に低く、全乳癌の1%前後といわれている。




    2cm以上の腫瘤性病変