超音波検査室 >> 実際の症例 >> 乳腺領域 >> 乳腺
 まず、はじめに
 超音波検査の基礎
 検査の進め方
 正常例の画像
 実際の症例
   上腹部領域
   下腹部領域
   乳腺領域
       乳腺
       その他
   頚部領域
   四肢領域





  

 37歳 女性




  こちらも乳房内に「しこり」を自己発見されて外来を受診された患者様です。



  腫瘤は約10×9×6mmの大きさで、境界は明瞭、形状は不整形を示します。
  内部エコーレベルは非常に低く、比較的均一な内部エコーで観察されます。
  後方エコーは不変、もしくはやや増強します。



  腫瘤は乳腺組織内に留まり、脂肪組織などへの浸潤は認められませんでした。







  上の画像は腋窩リンパ節の画像です。左が腋窩リンパ節レベルⅠ、右がレベルⅡの画像です。



  左の画像では、形状は扁平でリンパ節門も観察されましたが、腫大したリンパ節の右側の部分が不整に観察され
  浸潤による変形を否定できないので、リンパ節転移疑いと考えました。



  右の画像では、腋窩リンパ節レベルⅡに類円形のエコーレベルの低いリンパ節の腫大が認められます。
  典型的な転移性のリンパ節腫大と考えました。



  これらの所見から、明らかな浸潤癌と考えましたが、この腫瘤の特徴を満たすものは「髄様癌」しか
  思い浮かびませんでした。 
  しかし、髄様癌は決して頻度の高い腫瘤ではないので、
  レポートには浸潤癌とは書きましたが、「髄様癌」とは書きませんでした。



  超音波検査後に行われたCTとMRの画像です。







  後に手術が行われ、術後病理診断は「髄様癌」でした。



  非常に珍しい腫瘤であったにも関わらず、非常に珍しく私の予想が的中した
  本当に珍しい症例でした。