超音波検査室 >> 実際の症例 >> 頚部領域 >> 甲状腺
 まず、はじめに
 超音波検査の基礎
 検査の進め方
 正常例の画像
 実際の症例
   上腹部領域
   下腹部領域
   乳腺
   頚部領域
       甲状腺
       上皮小体
       頚部血管
       その他
   四肢領域










   被膜形成を認め、境界明瞭、平滑な腫瘤として描出される


   円形、または楕円形で描出されることが多く、内部エコーは均一な場合が多い


   単発性であることが多く、腺腫内部に嚢胞変性を伴う場合は少なく
                                   嚢胞変性があっても小さい


   濾胞腺腫のエコーレベルは甲状腺実質と同等か、やや高い場合が多い


   濾胞腺腫が増大する過程で悪性化することがある



 濾胞腺腫は甲状腺内に発生する腺腫であり、新生物と考えられる。
 組織学的には、濾胞上皮由来の良性腫瘍で線維性被膜に被われ、内部組織は正常濾胞上皮に似ている。
 甲状腺内の過形成と考えられている腺腫様結節、腺腫様甲状腺腫との違いはここにある。


腺腫様甲状腺腫と濾胞腺腫との病理組織学的鑑別点

腺腫様甲状腺腫 濾胞腺腫
結節の数 通常、複数個 通常、単発
被膜形成 結節全周が包まれないものが多い 結節全周が包まれる
結節内組織所見 多様、嚢胞形成 均質
周囲甲状腺組織 小結節、大きい濾胞がみられる 正常
周囲組織の圧排、増殖 少ない 圧排、増殖傾向


 濾胞腺腫は圧排性に成長するため、甲状腺正常実質との間に被膜があり
 超音波上でも明瞭に観察される場合が多い。
 また、その成長の特徴により、形状は円形、楕円形の場合が多く、
 腫瘤の増大に伴い周囲の正常組織が圧排され、変位を認める場合もある。


 濾胞腺腫内は充実性の均一な構造を示す場合が多く、増大するにつれ嚢胞変性を伴う場合もあるが
 その頻度は少なく、嚢胞変性を伴っていてもその領域は小さい場合が多い。
 腫瘤内部組織は組織学的にも正常濾胞上皮に似ているため、甲状腺実質と同等のエコーレベルで描出
 されることが多いが、腫瘍内のコロイド成分が多くなるとエコーレベルは高くなる傾向にある。


 濾胞腺腫は基本的に無症状である場合が多く、その成長は緩徐である場合が多いが
 急激に増大する場合、特に痛みを伴う場合は濾胞腺腫内の出血を疑う。


 濾胞腺腫が増大する過程で、濾胞癌に移行する例がある。
 20~30mmで可動性が少なく血清サイログロブリン抗体が高値である濾胞腺腫は癌化の可能性が疑われる。
 画像検査においても濾胞腺腫の最大径が20~30mmを超えるものは、癌化の可能性も考慮する。
 濾胞腺腫が癌化した場合、被膜の一部に浸潤所見が得られることがあるが
 微小浸潤を伴う濾胞癌も少なくないため、20~30mmを超える濾胞腺腫の悪性化の有無は
 画像検査だけでは困難である。




     均一な腫瘤として描出された濾胞腺腫

     小さな嚢胞変性が観察された濾胞腺腫

     内部が不均一に観察された濾胞腺腫

     悪性化を伴った濾胞腺腫